メーカー製よりBTOパソコンがおすすめの理由

メーカー製パソコンは原則として内部のパーツ構成やスペックが決まった状態で売られており、後から個人的に組み換えを依頼する事は不可能となっています。

 

パソコンの知識と組み立て経験があれば自身で内部構成を変える事は可能ですが、保証やサポートが受けられなくなるリスクを伴うので、通常は購入時の状態のまま扱うのが一般的です。

 

一方でBTOパソコンの場合には、いくつかの候補の中から好きなパーツを選んで組み立ててもらえるので、予算に合わせてパーツの品質や処理性能を変えられる自由度の高さが魅力とされています。

 

これにより、オンラインゲームのような3D機能を多用するソフトウェアを動作させる目的において、スペック不足へ陥る危険性が低くなるメリットを生じます。

 

また、メーカー製は付属ソフトが多数同梱している分だけ価格も高めであり、BTOにおいてはこれらのソフトウェアの削減だけでなくOSやオフィスをカスタマイズできる点で有利となります。

 

例えばOSソフトを購入済みの場合には、OSなしのモデルを選択すると5千円から1万円程度割引されます。
更にワードやエクセルをゲーミングパソコンで使用する場面は少ないので、オフィスを付属させない事で1万円以上の低価格化が狙えます。

よって、浮いた予算でメモリを増設したり、電源やグラフィックボードをワンランク上の製品にできる為、高性能化を狙う用途ではBTOパソコンが優れた選択肢と言えます。