普通のパソコンとBTOパソコンの一番の違いとは!

BTOなら電源不足の心配がありません。

 

普通に家電量販店などで販売されているメーカー製パソコンとBTOパソコンの一番の違いは「パーツを組み替えられるかどうか」です。

 

メーカー製パソコンの場合、コスト削減の中で拡張性などが削られているものが多いです。

例えばビジネス用途や普段のインターネット利用にはそれほど高いスペックが必要とならないため、マザーボードに搭載されているグラフィック機能を採用していることが多く、オンラインゲームで性能を発揮するようなタイプのビデオカードは搭載されていない事がほとんどです。

 

オンラインゲームをするにあたり、ビデオカードを増設しようとしても装着できるすき間が十分になかったり、充分な電源が確保できない事もあります。

特に電源については、省電力のために必要最低限の所で調整されていますので、ビデオカードの増設は難しい場合が多いです。

 

この点BTOパソコンでは、ケースや電源からすべてパーツごとに選ぶことができますので、こういった失敗は考えにくいでしょう。

オンラインゲームごとに必要最低限のスペックや推奨スペックなどがメーカーのホームページ上に公開されている事が多いので、そういった情報を参考にパーツ選びをすることもできます。

 

またBTOパソコンを取り扱っているショップやサイトではオンラインゲームに合わせて一通りのパーツを組み合わせたゲームパソコンも販売されていますので、こういった商品を選ぶことも可能です。
調子が悪くなっても、BTOパソコンならそのパーツだけ交換すれば大丈夫というのも大きな利点です。