初心者に親切なドスパラの魅力とは

パソコンの性能は「CPU」と「メモリ」で決まります。

CPUとは処理能力の速さを示していて、車でいうとCPUの性能が良いほどパワーがある車ということになります。

 

そしてメモリは一定期間データを蓄積する性能を示しています。

ですのでメモリの性能が悪いと見たい画面がなかなか出てこないなど、動きが悪くなりイライラしたりします。

 

そしてゲームPCで重要なのは「VGA」です。

これはビデオカードといわれているもので、3D画像をきれいに映し出すときに重要になります。

ですのでゲームPCにはこのビデオカードが重要で普通のパソコンではうまく動かないことがあります。

 

このためゲーム用パソコンはビデオカードが増設されていますので、こうしたものを購入すればよいわけですが、「ドスパラ」ではたくさんのゲームPCを取り扱っています。

価格は様々でデスクトップで最も安いものだと5万円くらい、高価なものだと30万円以上のものもあります。

 

またノート型の場合安いもので9万円くらい、高価なモデルで25万円くらいです。

一般的に15万円くらいのパソコンを購入する人が多いようですが、ゲームPCはほとんどが自宅で行われますのでデスクトップ型を購入する人が多いようです。

 

ドスパラはこうしたゲームPCをたくさん扱っていて、わからないことがあればしっかり教えてくれますので、初めて購入するという人はどんなゲームをするのか話しておススメのパソコンを教えてもらうこともできます。

実店舗のあるゲームパソコン通販ならドスパラが一番手

ゲームパソコンを買うときに、すべてをネット上だけで判断してしまうのはちょっと不安があります。

たとえ表示しているスペックなどが買いたい条件を満たしていたとしても、使い心地やデザインや色合いなどは、実際に見てみないと良し悪しを判断することができません。

そんなとき役立つのが、実店舗のあるゲームパソコン通販です。

これらの実店舗で実際に使ってみてから買えば、納得する買い物ができるはずです。

 

最も有名でゲームパソコンファンから厚い支持を受けているお店といえば、それはドスパラです。

ドスパラならば、全国各地に幅広く店舗を構えていますから、その店舗を訪れさえすれば実際のゲームパソコンに触れることが可能です。

ドスパラはネット上でもかなり詳しく商品の説明がなされていますが、それらの使い心地を実店舗で知ることができればとても安心です。

 

そんなドスパラの特徴は、まず価格が安くてなおかつ品質が良く、さらに納期も早いという点です。

ゲームパソコンとなると高額だと覚悟しますが、ドスパラで買えばかなり安く手に入れることが可能です。

そして、その品質も信頼でき、なおかつ保証もそれなりにしっかりしているのですから人気があるのも頷けるサービスの良さです。

また、BTOパソコンの取り扱いもあるため、初心者からベテランまで幅広く利用されているという信頼感があります。

 

ですので、実店舗のあるゲームパソコン通販を利用するならば、ドスパラを一番手に考えてみてはいかがでしょうか?

普通のパソコンとBTOパソコンの一番の違いとは!

BTOなら電源不足の心配がありません。

 

普通に家電量販店などで販売されているメーカー製パソコンとBTOパソコンの一番の違いは「パーツを組み替えられるかどうか」です。

 

メーカー製パソコンの場合、コスト削減の中で拡張性などが削られているものが多いです。

例えばビジネス用途や普段のインターネット利用にはそれほど高いスペックが必要とならないため、マザーボードに搭載されているグラフィック機能を採用していることが多く、オンラインゲームで性能を発揮するようなタイプのビデオカードは搭載されていない事がほとんどです。

 

オンラインゲームをするにあたり、ビデオカードを増設しようとしても装着できるすき間が十分になかったり、充分な電源が確保できない事もあります。

特に電源については、省電力のために必要最低限の所で調整されていますので、ビデオカードの増設は難しい場合が多いです。

 

この点BTOパソコンでは、ケースや電源からすべてパーツごとに選ぶことができますので、こういった失敗は考えにくいでしょう。

オンラインゲームごとに必要最低限のスペックや推奨スペックなどがメーカーのホームページ上に公開されている事が多いので、そういった情報を参考にパーツ選びをすることもできます。

 

またBTOパソコンを取り扱っているショップやサイトではオンラインゲームに合わせて一通りのパーツを組み合わせたゲームパソコンも販売されていますので、こういった商品を選ぶことも可能です。
調子が悪くなっても、BTOパソコンならそのパーツだけ交換すれば大丈夫というのも大きな利点です。

BTOパソコンにする2つのメリットについて

もしも今からパソコンを買うならば、BTOパソコンがオススメです。

BTOパソコンはそれ以外の一般的なパソコンとは違い、いくつかのメリットがあります。

そのメリットを、いくつか挙げていきます。

 

値段が安い

 

まず、BTOパソコン1番のメリットは、一般的なパソコンと比べて価格が安くなりやすいということです。

BTOパソコンの魅力はカスタマイズの自由さにあります。

ですから、自分で必要ないと考えている機能については省くことができます。

 

そうしてパソコンの機能をスリムにしていけば、自分がパソコンに求めていることだけを備えたとてもシンプルなパソコンになります。

必要がなく余計な機能はありませんから、その分価格が安くなりやすいのです。

 

仮に後からどうしても変更したければ、部分的に追加していけば済む話ですので特に問題はありません。

 

高性能にできる

 

また、パソコンの用途によって部分的に高性能にすることもできます。

たとえば、オンラインゲームをストレスなくプレイしたければ、グラフィックカードを高性能にする必要があります。

ですから、グラフィックカードを強化したBTOパソコンにすれば良いのです。

 

CPUを高性能にしておけばその部分は問題なく対応できるはずですので、パソコンの使用用途に合わせたオリジナルのカスタマイズをBTOパソコンではすることができます。

 

BTOパソコンはカスタマイズが1番のメリットですのである程度パソコンに関する知識を要求されますが、それが理解できていればこれほどお得なパソコンは他にないのです。

低価格で選ぶなら、BTOパソコン一択!

BTOパソコンの最大の魅力は、価格の安さ!

パーツの組み合わせ次第になってきますが、一般のパソコンに比べ、グンと価格を抑える事ができるのがBTOパソコンの嬉しいポイントになのです。

 

一般に販売されているようなパソコンの場合、一度も自分が使わないようなソフトが入っている事も多くあります。

中には、そんなソフトが入っている事すら知らないままのような物まであるのではないでしょうか?

 

しかし、BTOパソコンの場合は、そんな無駄は一切ありません。

なぜなら、自分でパーツを選んでオリジナルのパソコンを作り上げるからです。

 

自分が必要と思うソフトだけをカスタマイズし、また、その中でも特に必要とするソフトにおいては、機能性が高いものを選ぶなどを行う事で、低価格でありながらも、自分自身にとって高品質のパソコンを作り上げる事が可能になってくるのです。

 

ゲームを中心に行いたいのであれば、無駄なソフトは入れず、その分、ゲーム用の容量を大きくする事も可能になってきます。

 

しかし、良いことばかりではないのも事実。自分でカスタマイズする為、多少のパソコン知識がないと難しくなってくる事もあります。

また、受注生産になってくるため、納品までに時間がかかります。

 

電気店で買ってきて、すぐに使えるパソコンとは違って来ます。

その為、BTOパソコンを購入する場合は、余裕を持って行動し、購入する事が大切になってくるのです。

メーカー製よりBTOパソコンがおすすめの理由

メーカー製パソコンは原則として内部のパーツ構成やスペックが決まった状態で売られており、後から個人的に組み換えを依頼する事は不可能となっています。

 

パソコンの知識と組み立て経験があれば自身で内部構成を変える事は可能ですが、保証やサポートが受けられなくなるリスクを伴うので、通常は購入時の状態のまま扱うのが一般的です。

 

一方でBTOパソコンの場合には、いくつかの候補の中から好きなパーツを選んで組み立ててもらえるので、予算に合わせてパーツの品質や処理性能を変えられる自由度の高さが魅力とされています。

 

これにより、オンラインゲームのような3D機能を多用するソフトウェアを動作させる目的において、スペック不足へ陥る危険性が低くなるメリットを生じます。

 

また、メーカー製は付属ソフトが多数同梱している分だけ価格も高めであり、BTOにおいてはこれらのソフトウェアの削減だけでなくOSやオフィスをカスタマイズできる点で有利となります。

 

例えばOSソフトを購入済みの場合には、OSなしのモデルを選択すると5千円から1万円程度割引されます。
更にワードやエクセルをゲーミングパソコンで使用する場面は少ないので、オフィスを付属させない事で1万円以上の低価格化が狙えます。

よって、浮いた予算でメモリを増設したり、電源やグラフィックボードをワンランク上の製品にできる為、高性能化を狙う用途ではBTOパソコンが優れた選択肢と言えます。

市販のパソコンより踏み込んだ注文をするならBTOパソコン

BTOパソコンとは「Build to Order」の略語であり、「自分好みにパソコンの内部を選択して注文できるパソコン」のことです。

 

これからオンラインゲームを本格的に始める方はBTOパソコンを選択するのもひとつの手です。

 

BTOパソコンの利点はそのカスタマイズ性にあります。

BTOパソコンを通販で販売しているメーカーのホームページに行けば商品リストが掲載されていますし、指定のオンラインゲーム専用モデルといったものも販売されています。

それを自分好みにカスタマイズして送ってもらうのです。

 

市販のパソコンはメモリやハードディスク、DVDドライブやグラフィックカードなどのパーツは変更することができません。

いわゆる「売っているものをそのまま買う」ということになります。

BTOパソコンは内部パーツを自分の好きなようにカスタマイズできるので、自由性があります。

 

例を挙げると、たとえば通常メモリが4Gのところを少しお金を足して8Gにしたり、ゲーム専用のコントローラーを付属品として付けたり、グラフィックカードをより性能の良いものに取り替えた状態で出荷してもらうことができます。

 

ゲーム専用にするならモニタもそれなりのものにしたり、ウイルスソフトを選んだりとパーツにこだわりたい方も多いと思います。

買い切りの市販品より一歩踏み込んだ注文をしたいという方にBTOパソコンはおすすめです。

 

もちろん、これらのパーツを自分なりにカスタマイズするにはパソコンの知識が必要となりますので、ある程度は知識を持っておく必要があります。

BTOパソコンを会社で例えて説明します

BTOパソコンは理想的なゲーム環境を整える事ができます

 

パソコンはそれ自体が一個の製品であるというより、複数の製品が集まって完成されたものという考え方が適切だと言われています。

 

例えば、会社で例えて説明しますと、営業社員さんが仕事を持ってきて、事務員さんがそれを処理、そして会計係の方が給料を支払い、総務の方が全体の連絡や伝達事項を司ります。

 

BTOパソコンにおいてもこれと同じで、ゲームのキャラクターや背景を表示する係のグラフィックボードや、ゲームの情報処理を司るCPU、インストールした画像ファイルなどを管理するSSDやHDD、それらのパーツに給料である電気を送り込む電源ユニットなどが一緒になってできたのがパソコンなのです。

 

・営業 ⇒ グラフィックボード

・事務 ⇒ CPU

・総務 ⇒ SSD、HDD

・会計 ⇒ 電源

 

ゲームPCにおいては、上記の4つのパーツはとても大事で、どれか一つが不安定では満足に動作する事ができません。

完成品を販売する普通のパソコンでは、これら4つのパーツが全てが遊びたいゲームを適切に処理できないといけないのです。

 

ですが、BTOパソコンの場合は、どれか1つ劣った性能の部分があっても、こちらの希望によってそれらのパーツを換装できる為にゲームを遊ぶのに必要最小限のコストで済むと言うメリットがあるのです。

 

普通のパソコンの場合は、どれか1個上のグレードにしてしまうと、他の性能十分なパーツまで更に高額になってしまうケースがほとんどです。

また、付属のソフトなども豊富に含まれている為に、余計コストが上がってしまいます。

 

慣れてきたら自身で換装できるパーツが多いなど、更なるメリットを受ける事もできるのですが、そこまで考慮せずとも上記の恩恵の大きさは理解していただけると思います。

 

コストを抑えて快適に遊ぶ事ができるのが、BTO最大の魅力です。