デスクトップ型とノート型でパソコンを選ぶ基準

デスクトップとノートでどちらを選ぶかは、ご自分のライフスタイルに合わせて、パソコンをどこで使用したいかを基準にして選ぶといいと思います。

 

パソコンにはノート型とデスクトップ型がありますね。

 

●デスクトップ型

デスクトップ型のメリットはディスプレイサイズが大きいので作業がしやすい、メンテナンスがしやすい、またコストパフォーマンスがよりいいという点があります。

同じ金額をかけて購入する場合、デスクトップの方が性能の良いものを購入できるので、コスト面では優れていると言えるでしょう。

 

デスクトップ型のデメリットとしてはやはり設置場所が固定されるうえに設置のためにはスペースがある程度は必要ということです。

固定された場所で自分ひとりでじっくり使いたいときにはデスクトップでいいでしょう。

 

●ノート型

これに対してノート型の最大のメリットは、外出時に持ち運べる、または同じ建物内でも使う場所を選ぶことができるという使用場所の選択が可能であることです。

自宅内でもパソコンを移動させてリビングで使用したり、自室内で使用したりというように場所を変えて使いたいならノートパソコンを選ぶ方がいいでしょう。

家族で共有するので自宅内で動かせるほうがいいというときにもノート型の方が向いていると思います。

 

さらに外出時にも持っていきたいなら小型のモバイルノートを選んでおくといいでしょう。

ただし、パソコンは小型になるほどにコストがかかるので高性能のモバイルノートを購入しようと思ったらすこし値が張ると思っておく方がいいです。