通販サイト運営で効率よく集客アップできるリスティング広告

仕入れた商品や自作の商品を販売ために通販サイトを公開しただけでは、そう簡単には売れません。売上をアップするなら、リスティングというネット広告の利用を検討しましょう。集客に関する悩みを効率よく解決するのに強力な力を発揮します。

 

リスティング広告とは、ユーザーがブラウザでキーワード検索した時、検索結果のページに広告を表示してくれるサービスです。大手IT企業のGoogleとYahoo!のサービスが有名です。チラシやテレビコマーシャルなど従来型の広告だと、出稿するときに費用がかかります。

 

予算の潤沢な企業でもなければなかなか利用は難しいですが、リスティング広告の場合だとユーザーがその広告をクリックしなければ料金が発生しません。広告費のムダを省き、効率よく見込み客を集められるのがメリットです。

 

また、キーワードにマッチした検索結果上に表示されるため、広告に興味を持つ人が集まりやすい仕組みが備わっています。無差別にチラシ配りをするよりも、遥かに効率的です。多くのメリットを持つ一方で、リスティング広告を利用の際にはデメリットについて把握することも重要です。

 

リスティング広告では目的のキーワードに対して、広告を表示させる検索ページの順位を上げるために入札を行います。人気ワードほど高い入札額を出せる力のある企業に上位を独占される傾向が強いため、資金が少ないなら人気ワードの設定は避けるのが無難です。安く利用できるキーワードを複数設定し、集客効果を観察しながら優れたキーワードを見つけ出すのがおすすめです。